いろいろなカードローンの違い

消費者金融、銀行のカードローンやクレジット会社、百貨店やスパーや各種サービスなどとカードローンをおこなっているところが増えています。それらのカードローンの違いの違いはどのようなところでしょう。

TOP PAGE ⇒ カードローンの違い

カードローンの違い

カードローンは銀行系ローンと消費者金融系ローンとがあり、貸付条件に違う部分があります。最も大きい部分は金利です。カードローンの金利はとても大事なことなので、借りる時によく考えたいことです。

カードローンの金利は、銀行系カードローンのほうが、低金利で借り入れることができます。もしも可能であれば、低い金利で融資が受けられる銀行系カードローンがいいでしょう。

2%から10%ほども、金利が低いことがあります。カードローンの申込みをした際の審査の方法にも違いがあります。審査がすぐに終わることが、消費者金融会社のいいところです。

短時間で審査が済むので、申込みから融資金を受け取るまでに時間がかかりません。しかし銀行系の場合の審査時間は、消費者金融のようなスピード審査をしない所がほとんどです。


→借金解決は早めに手を打ちましょう

借金のことを一人で悩んでいないで、まずは借金の返済相談に申し込みして、借金の解決方法を専門家に聞いてみましょう。
動き出すのが押すくなればなるだけ借金を大きくなってしまうので、相談するなら少しでも早く借金相談窓口を利用することをお勧めします。


できるだけ早く融資を受けたいと考えているような人は、銀行系カードローンのように審査に時間がかかるとつらいでしょう。消費者金融会社はカードローンの無利息キャンペーンなどを開催することがありますが、銀行では無利息での融資を行うことはまずないでしょう。

大口の融資が受けられて、金利も安いことが銀行系カードローンのいいところですが、その半面、審査に時間がかかる上に必ずしも審査でOKが出るとは限らないというネックがあります。

急を要しない場合には、やはり金利が低い銀行系のカードローンの方が、返済金額を低く抑えることができるので、よりメリットがあります。金利や貸付上限金額、返済のやり方などは、カードローン会社によつて差があります。しっかり情報収集して自分の目的や返済計画に適したカードローンを選択することが重要です。

関連記事


Copyright (C) 2014 借金の方法 All Rights Reserved.

TOP
PAGE